WEEKDAY CAMPUS VISIT在学生インタビュー#3

WEEKDAY CAMPUSVISIT(ウィークデー・キャンパス・ビジット)」は、学期中の大学キャンパスで高校生が大学生と同じ授業に参加し、入学後と同じ「普段の一日」を体験するプログラムです。昨年行われたWCVに参加した新入生3名に、浦和大学の印象や、参加して良かったこと、感想などを教えてもらいました。

wcv2

WEEKDAY CAMPUS VISITで自分のなかのギャップを埋める!』

短期大学部介護福祉科・増田彩花さん

土曜日や日曜日に行われるオープンキャンパスとは違い、大学で私服を着て、授業を受けることができる良い機会だと思い参加しました。

授業時間が90分の大学の授業を体験して、浦和大学の学生さんたちの普段の様子も知ることが出来ました。大学生と同じ教室で授業を受けているなかで、在学生から声をかけていただき、とても丁寧に接してくださいました。

ただ、90分間の授業は、やっぱり長いなと感じましたし、緊張もしました。教室や学生食堂の雰囲気、図書館の様子など、普段の大学を体験できました。

私が感じたWEEKDAY CAMPUS VISITの一番の魅力は、自分が想像する大学(生活)と、その実際の間にあるギャップを埋めることが出来る点だと思います。浦和大学に入学したいな、と心に決めていても、実際には知らないことや自分のなかのイメージと違っている部分もあると思います。

通常のオープンキャンパスだけでは埋まらなかった、イメージとのギャップを埋めることができるので、この大学が本当に私に向いているかどうかを確かめる良い機会となりました。

お申し込みはこちらから

上記のリンク先フォームからお申し込み頂いた後に届く、件名が「[浦和大学]WEEKDAY CAMPUS VISITへのお申し込みについて」というメールを受信された方は、「浦和大学 WEEKDAY CAMPUS VISIT」に参加することができます。直前のお申込みで、前記のメールが届かない場合は、浦和大学入試広報課(TEL:048-878-5536)までお問い合せください。


資料・願書請求(無料)はこちらから