公開日:

公開講座:どうなる共済年金?どう変わる厚生年金?

2015年9月5日(土・13:10〜15:10)開催の公開講座です。参加費 無料。講座参加者には、テキスト「年金一元化で 厚生年金と共済年金はどうなる?〜クイズを解きながら学ぼう〜」(長沼 明著)を無料進呈します。

naganuma

被用者年金制度の一元化がスタートします。被用者年金一元化法により、平成27年10月から私学教職員・公務員も厚生年金に加入することとされ、共済年金の報酬比例部分(職域部分を除く)は厚生年金に統一されるとともに、公的年金としての職域部分は廃止することになりました。

  • すでに退職共済年金を受給している人の共済年金は、一元化後はどうなるのか?
  • 一元化後に受給権が発生した場合は、平成27年9月まで加入していた私学事業団の加入期間、共済組合の組合員期間は、どのように取り扱われるのか?
  • 新しく創設される年金払い退職給付というのは、どういうものなのか?

あわせて、一元化後は、「共済年金」の請求手続も、原則として年金事務所で行えるワンストップサービスが始まります。厚生年金と共済年金の一元化に関する大切な情報を学ぶ、実学を重視する浦和大学ならではの公開講座です。

講義内容(予定)

被用者年金制度の一元化で、私たちの厚生年金・共済年金はどうなる?/一元化になると、共済年金の年金額は減ってしまうのか ?/一元化後になると、私学事業団や共済組合ではなく、近くの年金事務所に年金請求書を提出してもいいのか?/平成27年9月に職域年金部分が廃止になるということは、9月中に年金を繰り上げて請求しないと、旧3階部分はもらえなくなるということか?/新しい3階部分、年金払い退職給付という制度が、どういうものか?/働きながら年金をもらっている人に、一元化の影響はどういうところに出てくるのか?/厚生年金をもらいながら、私学事業団の加入者になっていると、一元化後は支給停止されるようになるのか?/退職共済年金を受給している夫が、死亡したら、遺族である妻がもらえる年金は、遺族厚生年金?など…

講師紹介

長沼 明

総合福祉学部客員教授
前志木市長長沼 明

埼玉大学在学中の25 歳のとき、志木市議会議員に当選。学生市議・最年少市議として話題となる。以後、通算して志木市議6 期・埼玉県議3 期務める。2005年7月より2期8年間市長を務める。「市民に身近な問題は、一番身近な市役所で解決できるようにする」を市政運営の基本方針に、川越にある社会保険事務所(当時)に行かなくても、志木市役所で厚生年金の加入歴のある裁定請求書も受け付けるようにする。また、障がい者手帳を有しながら、障がい年金の請求をしていない市民の、請求漏れにも取り組む。日本年金機構設立委員会委員、社会保障審議会日本年金機構評価部会委員を歴任(2013年6月まで)。論文に、『地方公務員の再任用制度と年金』(「自治総研」2014年2月号、地方自治総合研究所)、『国民健康保険の都道府県移行の課題を検討する』(「週刊社会保障」2013年12月9日号、法研)などがある。

開催日 9月5日(土)
開催時間 13:10〜15:10
会場 浦和大学 4 号館4302 教室(予定)
参加費 無料
※テキスト「年金一元化で 厚生年金と共済年金はどうなる?〜クイズを解きながら学ぼう〜」(長沼 明著)を無料進呈。
対象 本講座の内容に興味のある方
定員 50名 応募者多数の場合は抽選
お申込先
お問い合せ先
浦和大学 教務課 公開講座係 〒336-0974 さいたま市緑区大崎3551 番地
電話番号:048-878-3742 FAX 番号:048-878-5116

お申し込みはこちらから


資料・願書請求(無料)はこちらから