【こども学部】「さくらまつり」を開催しました!

4月8日はこども学部の「さくらまつり」が開催されました。コミュニティセンター前にある、ぽっけの庭「芝生ひろば」には、毎年この時期になると見事な桜が咲きます。当日は桜も満開、天気もおだやかな陽気で絶好の花見日和。さくらまつりには普段から親子のひろば「ぽっけ」を利用してくださっている地域の親子連れが多数訪れ、教員・学生たちの企画したさまざまな催しを楽しんでいただきました。

3

イベントの内容を紹介

ひろばには、しゃぼん玉、楽器、遊具、豚汁などのコーナーがあり、それぞれたくさんのこども・親子で賑わっていました。なかでもしゃぼん玉コーナーは人気があり、遊びに来たこどもたちが担当の学生と楽しそうに遊んでいました。楽器コーナーでは、ドラえもんやとなりのトトロ、崖の上のポニョなどのこどもに馴染みのある曲を学生たちが演奏し、こどもたちと一緒に歌っていました。この他にも「○×ゲーム」や「玉入れ」などのゲームでこどもたちを楽しませていました。

「こどもと育つ」

こども学部の「地域連携」「地域に根差した教育」は、親子のひろば「ぽっけ」だけではありません。年間を通してこのようなイベントをいくつか開催することでも地域との連携は確立され、こども学部の学生たちの未来の力となります。また、こどもに一方通行で遊びを教えるのではなく、こどもと一緒に学び、こどもと一緒に育つ。それがこども学部の目指す教育です。

絶好の花見日和

またこの日のイベントには浦和大学(九里学園)の理事長、九里 幾久雄先生の姿もみえ、学生の作った豚汁をベンチで召し上がっておられました。


資料・願書請求(無料)はこちらから