公開日:

こども学部 2014年度 カナダ・スタディ・ツアー・体験レポート その1

浦和大学が学術提携するカナダ・ライアソン大学を訪問し、その分野での先進国と言われているカナダの家族支援について現地で学ぶためのスタディ・ツアーが2015年3月2日から9日に行われました。

ライアソン大学

2014年度は1年生5人,2年生2人,3年生2人,4年生1人の計10人が参加しました。参加にあたり、スタディ・ツアーの目的の確認、カナダ文化を理解するための講座の受講、カナダ在住の日本人保育士との交流、カナダ大使館見学、ライアソン大学におけるプレゼンテーション(英語)練習など様々な準備を積み重ねて臨みました。

スタディ・ツアー初日のライアソン大学学生との交流の際のプレゼンテーションに向けて3つのグループを作り、「日本の朝食」「日本の伝統的な遊び」「紙芝居」を紹介することになりました。まず、何を伝えたいのか、各グループで検討した後、英語に訳して実際に声に出して練習を重ねました。

英語の指導はカナダ出身のネイティブスピーカーによるもので、発音だけでなく自分の考え・思っていることを相手に伝えることの大切さを学びました。それぞれの持ち味を上手く引き出しながら、ゲームなどを取り入れ楽しく準備を進めることができました。

カナダのドロップ・インで働いていらっしゃる日本人保育士の方をゲストに招き,現地の保育現場のお話、カナダの生活について等伺いました。スタディ・ツアーではドロップ・イン見学があるため、現場でのお話を伺うことにより、見学先へのイメージを膨らませることができたようです。スタディ・ツアー時に再会できることを楽しみに終了しました。

2月には、東京都港区にあるカナダ大使館に見学に行きました。ギャラリー、図書館、庭園など素晴らしい施設を見学しました。ここでは大使館スタッフ、外交官によるカナダ文化、生活などのお話を伺い、カナダへの思いを膨らませることができました。 (写真6、7)

次回から、カナダ・トロントでのツアー体験レポートを数回にわたりお届けしたいと思います。


資料・願書請求(無料)はこちらから