公開日:

総合福祉学部(・健康スポーツコース)中島ゼミの卒業研究発表会が行われました

2015年1月19日(月)4号館4302教室で総合福祉学部・中島悠介ゼミの卒業研究発表会が行われました。

P1290407

卒業研究発表会は3限(13:00〜14:30)と5限(16:20〜17:50)の2部制で行われ、合計で11名の発表が行われました。(タイトルは下記を参照)

3年次の「卒業研究I」では、研究論文を作成するためのスキルや手順を学習しながら、1・2年次で学んだ「社会福祉・福祉健康スポーツ」の基本的理解をもとに、討論や発表などをとおして、自分自身の興味・関心を探しながら卒業研究のテーマを決定します。

そのテーマに沿って、研究計画や情報収集、データ分析、まとめ、執筆、発表を行うために、4年次の「卒業研究II」では教員による個別指導や中間発表を何度も繰り返しながら、卒業論文を作成し、卒業研究発表会で発表します。

発表会には3年生も参加し、配布されたワークシートに自身が行う卒業研究・論文作成のための参考となる点や疑問点・感想を記入しながら、聴講し質疑応答がありました。

最後に中島助教から「4年生の皆さん、お疲れ様でした。3年生の皆さん4年生の発表を聞いてわかったと思いますが、卒論は短期間で書けるものではありません。しっかり時間を割いて、卒業研究には取り組んでください。」というメッセージがあり、閉会となりました。

卒業研究タイトル

  • 齋藤美紀「柔軟性の向上に関する研究ー体温変化に着目してー」
  • 葛西拓也「効果的なウォーミングアップに関する研究ー有酸素運動と筋肉トレーニングを比較してー」
  • 小井土美貴「高齢者の加齢に伴う心と身体の変化に関する研究」
  • 松本 啓「パンプアップに適したレジスタンス運動の強度に関する研究」
  • 吉野元章「介護保険制度における介護予防の取り組みに関する研究ー地域包括支援センタの役割ー」
  • 上原美穂「障害者スポーツの歴史と普及に関する研究」
  • 朝日田直樹「運動中の音楽視聴が運動実施者の気分に与える影響について」
  • 渋谷美香子「リラクゼーションの種類とその効果に関する研究」
  • 雨海真也果「音楽視聴の心理的効果に関する研究ー曲調別の効果の比較についてー」
  • 森 潤太「ウォーミングアップによるパフォーマンス向上に関する研究ーウォーミングアップ種目の比較についてー」
  • 青山のぞみ「ストレッチングの心理的効果に関する研究ー静的・動的を比較してー」

資料・願書請求(無料)はこちらから