【イベントレポート】春のオープンキャンパス ご来場ありがとうございました!

3月26日(木)は浦和大学・浦和大学短期大学部「春のオープンキャンパス」を開催しました。総合福祉学部と短期大学部介護福祉科は「福祉のテーマパーク」をコンセプトに合同イベントを行い、こども学部では「7つの玉手箱」というコンセプトでイベントを行いました。

326syokudou

コンセプトは職業理解・分野理解

当日は、今年新しく高校3年生になる学生さん達や親御さん方などたくさんの方々にご参加いただきました。ご来場まことにありがとうございました!この日のオープンキャンパスは、これからそれぞれの将来設計をしていく高校生たちのための「職業理解・分野理解」のオープンキャンパスでした。

本学は主として「福祉」と「こども」に力を注いでいる学校ですから、総合福祉学部と短期大学部介護福祉科では、福祉の分野理解ということでゾーンを4つに分けてご説明しました。

またこども学部では、親子のひろば「ぽっけ」に来ている実際の親子にふれあってもらい、また妊婦体験・幼児体験することで「こどもを学ぶ」ということを肌で感じてもらいました。

ご来場の方々がそれぞれ興味のあるゾーンを訪れ、そして浦和大学について知っていただけたようです。今後のオープンキャンパスでは、楽しめるイベントを通して浦和大学のもっと深い部分までを知っていただけるような内容を考えています。皆さま、どうぞご来場ください!

上 良弘さんによる講演

オープンキャンパス午前の部では、上 良弘さんによる「スポーツと福祉 ~スポーツを福祉の仕事に活かす~」という講演と体験プログラムが行われました。

上さんは社会福祉事業団障がい者交流センターでご活躍されている方です。講演の内容は、通常の車いすとスポーツ用ではどのような違いがあるのか。また、障がいを持つ方々に如何にしてスポーツを楽しんでもらえるか等を教えてくださいました。

スポーツ用の車いすは、車いす同士での激しいコンタクトがあるためにバンパーが付いていたり、タイヤの角度がハの字型になっていたりします。車いすバスケや車いすラグビーといった種目は非常に激しいスポーツで、驚くほどの迫力があります。

今後のオープンキャンパスでは上さんがコーチを務める車いすラグビーの日本代表チームに来ていただき、模擬試合をしていただく企画もありますので、そのときは是非ご来場ください!

学食体験

お昼は3号館1階にある学食で昼食となりました。高校生のみなさんが大学の学食を利用できる機会はあまりないですね。この日、せっかく大学に来ているのですから一足先に大学の学食を体験していただきました。みなさんお味はどうだったでしょうか?来年の春、本学へ入学を考えている方、メニューは他にもいろいろありますから楽しみにしていてくださいね。

各イベントゾーンの紹介


資料・願書請求(無料)はこちらから