【3月26日(木)】春のオープンキャンパス!キーワードは「発見!」

もうすぐ高校3年生。進路のことについて少し気になり始める時期ですね。就職をする人、大学に進学する人、専門学校に進学する人。でもその前に、「自分のやりたいこと」や「自分に向いていること」について少しだけ考えてみませんか?浦和大学・浦和大学短期大学部が皆さんへ贈る「春のオープンキャンパス」のテーマは、「発見!福祉・こども・介護のおもしろさ」です。

oshp1

新高校2~3年生のみなさんへ

大学を卒業した後の自分をイメージして、「こんな仕事をしてみたい!」を浦和大学で探してみませんか?今まで気づかなかった福祉の仕事や、こどもに携わる仕事をめざす人に求められることなど、きっと新たな発見があるはずです。「春のオープンキャンパス」での発見が、皆さんの将来に向けてのスタートラインとなる一日になればと思います。

3月26日だけの「特別」なイベント!

春のオープンキャンパスでは総合福祉学部と介護福祉科(短期大学部)の合同イベントと、こども学部の特別イベントを行います!総合福祉学部&介護福祉科のコンセプトは「福祉のテーマパーク」です。ひとことで「福祉」と言っても、実に様々なジャンルがあります。…と言うわけで「スポーツ・アート・音楽・介護」の4つのゾーンを用意しました。興味や関心というのは人それぞれ異なるものです。是非、自分の未来像にマッチしたゾーンを訪れてみてください!また、こども学部では、「開けてみて、7つの玉手箱」というコンセプトでイベントを行います。こどもコミュニティセンターで親子ひろば「ぽっけ」を体験、ワークショップ「ザ・こども」で保育体験、また「学内ツアー」では在校生の先輩と一緒に浦和大学の”名所”を巡るなど、盛りだくさんの内容です。みなさんの関心のあるジャンルで、是非あなただけの素晴らしい何かを「発見」してください!


資料・願書請求(無料)はこちらから