公開講座10月25日開催:地域で取組む介護予防(講師:東内 京一氏)

10月25日(土)開催の公開講座です。「住みなれたこの町、わが家に住み続ける」、「いつまでも生きがいを持って暮らす」ためのヒントが必ず見つかる講座です!

chiiki

平成27年度介護保険の改正をふまえて

介護保険制度の改正により、来年から3年をかけて要支援の方々が利用していた介護予防訪問介護・介護予防通所介護が、住民主体の地域に根ざした『地域支援事業』へ移行します。つまり、わたしたち地域住民が互いに力を合わせて介護予防に取り組むことになります。

これを実現するために、何をすればいいのでしょうか?そこで浦和大学では、全国に先駆けて介護予防に成功した和光市より東内京一(とうない・きょういち)保健福祉部長をお招きし、わかりやすく、実践的なお話を伺い、地域住民の方々といっしょに考える公開講座を開催します。「住みなれたこの町、わが家に住み続ける」、「いつまでも生きがいを持って暮らす」ためのヒントが必ず見つかります!

東内京一(とうない・きょういち)

和光市 保健福祉部長東内 京一(とうない・きょういち)氏

和光市役所入庁後、2000年より保健福祉部 介護保険室に配属。その後、機構改革により長寿あんしん課で、課長補佐・介護福祉担当統括主査・地域包括支援センターリーダ一・後期高齢者医療担当統括主査を兼務、地域性を重視した介護保険事業を運営し、『地域包括ケアシステム 和光方式」を確立。2009年4月より厚生労働省老健局総務課課長補佐に就任。2011年4月より介護サービス調整官、振興課課長補佐等を併任し、地域包括ケアシステムを念頭に置く介護保険法等の改正や介護保険事業計画策定業務及び地域包括支援センター機能強化業務等に従事。2011年10月より和光市保健福祉部長寿あんしん課長として帰庁。2012年4月に保健福祉部次長を経て同年10月1日より現職となる。

開催日 10月25日(土)
開催時間 14:00〜16:00(受付開始13:00)
会場 浦話大学 4号館
参加費 無料
対象 本講座の内容に興味のある方
定員 100名(お申込み先着)
アクセス 駐車場には限りがありますので、スクールバスまたは公共交通機関のご利用をお願いします。 スクールバスはJR武蔵野線・東川口駅(南口バスロータリー)から約12分です。詳細は本学ホームページを参照してください。国際興業バスをご利用の場合は、浦和駅(美01・浦和美園駅西口行)から「浦和大学」バス停までは約20分、大宮駅(大01・浦和美園駅西口行)から「浦和大学入口」までは約30分です。
お申込先
お問い合せ先
浦和大学 福祉教育センター
〒336-0974 さいたま市緑区大崎3551番地
電話番号:048-878-6000 FAX番号:048-878-3558

資料・願書請求(無料)はこちらから