公開日:

こども学部の授業紹介:こどもと音楽A・B

7月27日開催のオープンキャンパスで、児童文学作家の戸田和代氏と特別ワークショップを行う、出口雅生准教授の授業紹介です。

uvs140718-001

こどもの表現に寄り添って

『こどもと音楽A』及び『こどもと音楽B』は、1年次に受講する保育士資格の必修科目です。

この授業の特徴は、親子のひろば「ぽっけ」に於いて、手遊び・うた遊び・器楽合奏・リズム遊びなど、自分たちで考えた約20分のプログラムを実践し、こどもたちと表現の楽しさを分かち合うことです。こどもの心身の発達の理解や、保育教材の使い方など、他の科目で学んだこともふんだんに利用して音楽の実践活動を行います。

音楽の授業での楽器の演奏技術や音楽知識の獲得は、浦和大学こども学部で学ぶ学生にとっての大きなテーマの一つですが、それ自体が目的になってしまわないように特別な配慮が必要です。

好奇心とエネルギーに満ちあふれているこどもたちの表現活動を、どのように受け止め、どのように寄り添っていくべきなのかを、音楽の学習の早い段階で考えることは、保育・児童教育を学ぶみなさんにとって、とても重要なことだと考えています。


資料・願書請求(無料)はこちらから