浦和大学の出前授業

浦和大学では、高校生の皆さんに浦和大学で始まっている新しい学びを知っていただくため、授業を提供しています。授業として予定しているテーマは、次の通りですが、福祉、保育、介護の分野で、高校生の方の成長の刺激になるテーマがありましたら、ご相談下さい。入試広報室が窓口になり、ご要望にあった教員を派遣いたします。詳しくは入試広報室にお問い合わせ下さい。

uu3

総合福祉学部

総合福祉学部には、社会福祉の分野で活躍してきた先生がいます。様々な問題について、やさしく説明できますが、現在、次のようなテーマを考えています。「生命(いのち)の大切さ」「福祉の仕事と資格」「楽しい福祉教育(レクレーション援助)の紹介」「高齢者虐待と社会福祉士の役割」「福祉工作入門」「福祉と心理学」「ソーシャル・ワークって何?」「ボランティアのこころ」「社会福祉士の仕事」「社会福祉を学ぶということ」などです。

近年、社会福祉は、お年寄りや障がいのある人などだけが対象ではなく、国民全体までサービスの範囲を広げています。また、ソーシャル・ワークだけでなく、福祉心理や福祉工学など領域も広がっています。出前授業で雰囲気を味わっていただきたいと思います。

こども学部

こども学部には、保育、児童福祉の専門家ばかりでなく、芸術教育の専門家も先生になっています。

「保育の世界にようこそ―保育職入門―」「赤ちゃんの不思議と魅力」「こどもってなに」「仲良くなれる音楽あそび」「こどもの世界を体験しよう」等です。たとえば、「赤ちゃんの不思議と魅力」では、何もできない、何も考えていないかのようにみえる赤ちゃんが、実は超能力をもっていることを説明します。

介護福祉科

介護福祉科では、介護についての話をすることもできますが、主として大学に来ていただいて授業をすることを考えています。それは、授業に使う設備で、なかなか大学にあるような施設を他に求めることが難しいからです。浦和大学に来ていただければ、日本中から見学者が集まっている施設を使って、様々な体験をしていただくことができます。

資料・願書請求(無料)はこちらから