公開日:

6月7日(土)オープンキャンパス・総合福祉学部 模擬授業

次回のオープンキャンパスは6月7日(土)です。総合福祉学部の模擬授業は寺島 彰教授による「福祉機器をつくろう!」と長阪裕子 講師による「魅力的に!効果的に!歩こう!」です。

terashima

福祉機器をつくろう!

担当:寺島 彰 教授

電動車いす、介護リフター、環境制御装置、食事ロボットなどさまざまな福祉機器が発達し、福祉の分野で多く用いられています。相談援助職もこのような福祉機器に関する知識を求められています。高度な工学的な知識は必要ありませんが、工学関係の技術者と会話ができるようなセンスや知識が必要です。このようなセンスを磨くためには、自分で簡単な福祉機器を作ってみることが有効です。光感知器という簡単な福祉機器を作ってみましょう。

魅力的に!効果的に!歩こう!

担当:長阪裕子 講師

私たちは生まれて1年前後で歩きはじめてから、一生涯自分の脚で歩き続けることが理想とされています。人の歩き方を街中で観察してみてください。ゆっくり歩く人、美しく歩く人、脚を引きずって歩く人、颯爽と歩く人などさまざまです。それは、年齢だけでなく、その人の姿勢や体力、筋力などによって異なります。せっかくなら、美しい姿勢でかっこよく、美容効果を得ながら健康的に歩きたいですね!今回はそのコツを実技授業で体験していただきます。


資料・願書請求(無料)はこちらから