「第11回 緑区区民まつり」で踊りプロジェクトチームが演舞しました

2013年10月19日(土)緑区区民まつり実行委員会が主催する「第11回 緑区区民まつり」が開催され、浦和大学踊りプロジェクトチーム、総合福祉学部・短期大学部介護福祉科に所属する学生が参加しました。

PA193189

「福祉の心」を実践する「緑区区民まつり」

浦和大学踊りプロジェクトチームは、踊り(よさこい“ソーラン”)を通じて、浦和大学が地域に貢献するために設けられた団体です。今年度は、日々の練習の中で創意と工夫を重ねた結果、埼玉YOSAKOIフェスティバル2013において、参加34チーム中、ベスト12のファイナルステージ賞を獲得することができました。

13:15からは健康体操の実演と、総合福祉学部の学生による「ダンス」が披露され、14:40から、踊りプロジェクトチームによる演舞が行われました。区民祭りでの演舞からは、緊張感あるコンペティションでの演舞とは異なり、人のために役立ちたいと懸命に努力している学生たちの「福祉の心」を大切にした踊りを感じることができました。(youtubeで一部公開しています。)

また当日は、学生による、レクリエーション・インストラクター資格取得の過程で学んだ、バルーンアートの披露や、茶道部によるお点前披露と呈茶が行われ、多くの来場者と交流し「福祉の心」を実践する機会となりました。


資料・願書請求(無料)はこちらから