7月21日(日)総合福祉学部のオープンキャンパス模擬授業

2013年7月21日(日)総合福祉学部の模擬授業
総合福祉学部の模擬授業
学部 総合福祉学部
模擬授業1 経営(学)とは、どのような学問か?
内容 大学を卒業した後、福祉関連企業や施設、あるいは一般企業、何らかの組織(正しくは「経営組織」)に就職し、社会人となります。そこで広い意味で「組織経営」に参加し仕事をして賃金(給料)を得て、生活を営んでいきます。社会人として組織経営に参加するとはどういう事か、そもそも「経営(学)」とはどのような学問なのかについて、基礎理論から分かりやすく紹介します。
担当教員 石本裕貴 先生
総合福祉学部の模擬授業
学部 総合福祉学部
模擬授業2 ソーシャルワーカーは自分探しの探検家?
内容 社会福祉における援助では、他者に対する関心と気付きが重要です。福祉の現場では様々な人と関わり、心の悩みや背景の問題に気付き、取り組む場面がたくさんあります。そのためには、自分自身をよく知り、他者をよく知ることが重要です。しかし、よく知っているはずの自分自身や友人について、知っているようで知らないことが意外とあるものです。自分と他者を理解する方法を体験してみましょう。
担当教員 田中康雄 先生
総合福祉学部の模擬授業
学部 総合福祉学部
模擬授業3 社会福祉援助者に必要なグループワークの基礎知識
内容 最近「人とコミュニケーションを取るのが苦手」と思われている方が多いようです。しかし大学時代は、社会に出るための準備をする重要な時期。そして皆さんが興味を持った社会福祉の分野は、様々な専門家が協力して対象者への援助を行う“連携”が求められる分野でもあります。そこでこの模擬授業では“連携・協力することの大切さ”が感じられる第一歩を、楽しく体験していただきます。
担当教員 片山昭義 先生

資料・願書請求(無料)はこちらから