こども学部授業紹介:絵画制作

少人数の演習で、自分の想いと表現の実現を

こども学部2~4年時に履修できる「絵画制作」の授業では先週から風景のスケッチをしています。この授業では、教員からテーマが与えられる事はなく、学生自身がテーマを設定します。

この授業を履修する学生は、スケッチの開始にあたり「ぽっけの庭の桜は散ってしまったが、週を追うごとに緑が深くなり、新緑があざやかな季節になった」と大喜びです。

はじめて使う木炭に「ワクワク」し、小鳥がさえずる中、イーゼルを立て本格的にスケッチ開始です。

この授業の開講にあたり、

「少人数の演習の中で、自分の想いと表現が今すぐに結びつかなくても、その経験を経る事で学生自身が自分の個性やオリジナリティを発見を出来るような指導をしています。」

と担当教員の船木美佳教授は言います。

新緑の中でリラックスした受講生の気持ちが、作品にも表れつつあり傑作の予感がします!


資料・願書請求(無料)はこちらから