2012年度こども学部卒業研究発表・作品展示会が開催されました

2013年2月8日(金)本学3号館3210教室において浦和大学こども学部「卒業研究発表会」が開催されました。また同日、1号館1階こどもコミュティーセンター(親子のひろば「ぽっけ」)において卒業研究作品の展示が行われました。

卒業後も「こどもと育つ」を胸に。

2013年2月8日(金)本学3号館3210教室において浦和大学こども学部「卒業研究発表会」が開催されました。また同日、1号館1階こどもコミュティーセンター(親子のひろば「ぽっけ」)において卒業研究作品の展示が行われました。

こども学部学部長・大久保教授から「卒業を控えて、皆さんと一堂に会する最後の機会を持てた事を嬉しく思います。これからは、卒業生として学部の充実と発展を見守り、後輩が誇りを持てるような先輩になってください。すばらしい成果の発表を楽しみにしています。」という開会の挨拶で会はスタートしました。

卒業研究発表では各ゼミがパワーポイントや、それぞれが制作した作品を使用して約10分間のプレゼンテーション・発表を行いました。また「総合演習成果発表」として、元禄・享保期にかけて活躍した治水家で、主に灌漑や新田開発に尽力した「井沢弥惣兵衛」を題材とした、高野ゼミによる創作劇「井沢弥惣兵衛と見沼の竜」の発表がありました。

最後に、4年間を通して地域貢献や親子支援に貢献した学生に贈られる”親子のひろば「ぽっけ」賞”を受賞した、寺本幸樹さんからの閉会の言葉をもって閉会となりました。

関連情報

資料・願書請求(無料)はこちらから