活躍する卒業生

活躍する卒業生:大好きな浦和大学に、指導者として戻りたい。

ここでは社会で活躍する本学の卒業生からのメッセージ、現在の状況、本学で学んだこんなことが活かされた、等を「生の声」として紹介しています。

短期大学部 介護福祉科 2013年卒業 久保天翔さん介護老人保健施設グリーンビレッジ安行勤務

今の仕事のやりがい

私の主な業務は、ここで暮らしている高齢者の生活補助です。現在は4人部屋を担当しています。一人ひとりのさまざまな要望に耳を傾け、話し合いを重ねながら相手の要望を満たしてあげられた時は、なんとも言えない充実感がありますね。実際は、しんどい思いをする時の方が多いですけど。「この人、嫌い」なんて言われてしまうこともあります。しかし、逃げるわけにもいきませんから、そんな時でもあきらめずに話しかけます。「しつこい」と思われるぐらい繰り返すことで、利用者さんが心を開いてくれることもあるのです。介護福祉士には、なにより根気が必要だと改めて実感できました。

大学時代の思い出

私は本当に浦大が好きだったので、講義がなくても毎日のように通っていました。先生の研究室にもよく出入りしていましたね。卒業式も涙あり笑いありで、楽しい思い出しかないんです。ただ、実習だけはしんどかったですが。それでも、私が幸運だったのは、実習先で浦大の先輩に出会えたこと。その先輩のポジティブな姿勢に触れてはじめて、介護福祉士という仕事の魅力を知ることができたのです。介護福祉士としてスタートを切った今、いつかは先輩のように、この仕事の魅力を伝えられるようになりたい。そのために現場でもっと経験を積んで、大好きな浦大に指導者として戻れたらと思っています。

資料・願書請求(無料)はこちらから