活躍する卒業生

活躍する卒業生:利用者さんから笑顔を向けられた時が、最高の瞬間です。

ここでは社会で活躍する本学の卒業生からのメッセージ、現在の状況、本学で学んだこんなことが活かされた、等を「生の声」として紹介しています。

短期大学部 介護福祉科 2011年卒業 掛川秋野さん戸田市社会福祉事業団戸田市立健康福祉の杜勤務

今の仕事のやりがい

私は大学を卒業してすぐにここで働き始めましたが、最初の2年間は特別養護老人ホームを、昨年からはショートステイを担当しています。ショートステイの利用者は、家で暮らす時間の方が長いため「早く家に帰りたい」と言う方も多く、介護する上での難しさは正直あります。けれど、高齢者に関わることは小さい頃から好きだったので、大変な時は「好きだからこの仕事をやっているんだ」と自らに言い聞かせます。そんな状況を乗り越えて、利用者さんから笑顔を向けられた時は、「この仕事をやっていてよかった!」と心から思えます。

大学時代の思い出

学生時代は、サークル活動が印象に残っています。「浦大ウインドオーケストラ」というサークルに所属していたのですが、合宿に行ったことやボランティアで高齢者施設に演奏に行ったことなど、思い出は尽きません。特に高齢者施設での演奏会は自主的に行った経緯もあり、充実感を味わえました。偶然にも現職場にサークル時代の仲間がいるので、今でもこの施設内で演奏会を開くこともあります。勉強はもちろん大事ですが、サークルに真剣に取り組むことでも自分磨きはできるはずなので、皆さんもぜひ参加してみてください。

資料・願書請求(無料)はこちらから