活躍する卒業生

活躍する卒業生:教科書を読むよりも先生の話を聞いている方が面白い

ここでは社会で活躍する本学の卒業生からのメッセージ、現在の状況、本学で学んだこんなことが活かされた、等を「生の声」として紹介しています。

こども学部 こども学科 2012年卒業 福井隆弘さん和光市しもにいくら保育園勤務

保育士として生きること

私がここで保育士として働いて2年になりますが、最初は「保育士=女性」というイメージを持っているご両親が多く、心配される方が少なからずいました。そのため、皆さんに安心してもらえるように、笑顔と報告を常に心がけましたね。それから徐々に「あ、この先生はしっかりわが子を見てくれているんだ」と信頼を得ることができたと思っています。保育士の仕事は、もちろんラクではありませんが「こどもたちから元気をもらえる」という点で、これほど魅力的な仕事はないと思います。これから浦和大学に入学を希望される皆さんにも、将来ぜひこの仕事のやりがいを味わってほしいですね。

大学時代の思い出

大学時代の思い出大学では「ぽっけ」や実習で、こどもと触れ合える機会がたくさんあったことが良かったなと思います。保育園の現場では、こどもとの経験の多さが役立ちます。1年目からすんなり溶け込めたのも、大学時代の経験が大きかったと感じています。また、ある先生の体を張った授業も忘れられません。赤ちゃんの動きを教えるために、自ら実演し始めたことがあって。その時は笑ってしまったのですが、後になって先生が伝えたかったことがとてもよく分かりました。教科書を読むよりも先生の話を聞いている方が面白い、そう思わせる授業があるのも浦和大学の魅力です。

資料・願書請求(無料)はこちらから