総合福祉学部 所属教員

海野 恵美子

職位 教授
担当科目 社会福祉概論ⅠⅡ,社会保障論ⅠⅡ,総合福祉入門、相談援助演習、相談援助実習指導、相談援助実習
学歴 高崎健康福祉大学大学院健康福祉学研究科保健福祉学専攻博士後期課程
学位 経済学修士(早稲田大学大学院経済学研究科)、健康福祉学博士(高崎健康福祉大学大学院健康福祉学研究科)
研究テーマ 最低生活保障(特に年金、雇用、介護、生活保護等)、貧困、社会福祉(特に高齢者福祉)
所属学会 日本社会福祉学会、社会政策学会、日本介護福祉学会、生活経済学会等

在学生へのメッセージ

社会福祉・心理コースに属している教員として最近、気になるのは、相談援助実習に挑戦しようという学生が減っていることです。原則3年次に行う実習は、それまでの講義科目や演習・実習指導で学んだ価値・知識・技術、生活態度等を総動員し、利用者と職員に関わらせていただくことで、専門職としてのみならず、人・人生を学ぶ場でもあります。実習が終わった後も実習指導や演習を通して振り返りをし、実習報告書の作成と実習報告会での発表という過程を経て一連の実習が修了しますが、修了後は、どの実習生も一回り人間として成長したことを実感させられます。実習担当教員としては、そうした実習生の成長を見届けることが楽しみでもあり、やり甲斐でもあります。実習は、福祉現場でのインターンシップですので、どんな仕事に就くにしても役立ちます。是非、実習を体験し、福祉学部の学生として胸を張って社会に巣立って欲しいと願っています。

受験生へのメッセージ

本学部は小規模ですが、人権と社会正義を拠り所とする国際ソーシャルワーカー連盟に加入し、世界のソーシャルワーカーとつながっています。福祉の心(ソーシャルワーク・マインド)で世界とつながり、人と社会の幸せ実現を目指す、福祉について広く深く学んでみませんか。

主な著書

  • 『アクセス社会福祉』共著、建白社、2002

論文・学会発表

  • 論文:
    • 「戦後日本の社会保障制度体系確立期における失業保険及び厚生年金保険を中心とした社会保険給付の最低保障に関する考察」高崎健康福祉大学大学院健康福祉学研究科保健福祉専攻博士論文,2013年3月,1頁~238頁
    • 「ジェンダーの視点に基づく年金制度体系論への一考察(1)(2)」長野大学『長野大学紀要』27巻3・4号、2005.12、2006.3
    • 「生活とは」井上千津子・尾台安子・高垣節子・上之園桂子編『大学社会福祉・介護福祉講座 介護福祉総論』第2章、2005
    • 「老齢単身世帯及び母子世帯の生活保護基準」 長野大学『長野大学紀要』25巻4号、2004
    • 「日本での『貧困の女性化』についての一考察-高齢女性の貧困の統計的検討-」日本社会福祉学会『社会福祉学』第39-2,1999
    • 「老齢年金の給付水準と貧困回避機能についてーOECD諸国間の比較を通してー」浦和大学・浦和短期大学『浦和論叢』第40号、2009
    • 「失業保険の成立過程における失業保険給付の検討−最低生活保障の観点から−」浦和大学・浦和短期大学『浦和論叢』第43号、2010
  • 学会発表:
    • 日本社会福祉学会主催第54回全国大会「腎機能障害者の就労実態と支援の在り方-特例子会社における就労を中心として-」2006

その他(活動・講演等)

  • 【活動】埼玉県都市計画審議会委員(2009.4~)、社会福祉法人浦和福祉会評議員(2010.2~)
  • 【講演】千葉県社会福祉協議会主催「生活保護担当地区員研修:『高齢者虐待と福祉事務所の役割』『年金と生活保護』」2009.2.3

資料・願書請求(無料)はこちらから