総合福祉学部 所属教員

小熊 順子

職位 教授
担当科目 臨床心理学、障害者心理学、高齢者心理学、発達心理学、心理検査法、臨床心理学実習、心理検査法実習、発達臨床心理学、福祉と心理、総合福祉入門、卒業研究II
最終学歴 東北大学教育学部教育心理学科
学位 教育学士
研究テーマ 障害をもつ人々、特に近年社会的関心が高まっている高次脳機能障害、および発達障害について、その心理的特性と就労という視点から、障害者福祉の現状と諸施策の関係を踏まえながら研究を進めていく。
所属学会 日本心理学会、日本教育心理学会、日本特殊教育学会、日本児童青年精神医学会、日本心理臨床学会、日本リハビリテーション連携科学学会

受験生へのメッセージ

人間のこころについてみなさんは考えたことがありますか?複雑でわかりにくいこころ模様を心理学で学んでみましょう。

主な著書

  • 共著『介護職員初任者研修テキスト』2013年1月、ミネルヴァ書房
  • 共著『(H26新課程)こころとからだの理解』2014年1月、実教出版(平成26年高校生使用教科書作成 文部科学省教科書検定済)
  • 共著『生きる力を育てる臨床心理学』2013年4月、保育出版社
  • 共著『新・介護福祉士養成講座〈5〉第2版 コミュニケーション技術』2013年2月、中央法規
  • 共著『介護福祉士実務者研修テキスト(450時間研修)第4巻 こころとからだのしくみ 第2版』2013年4月、中央法規
  • 共著『介護福祉士実務者研修テキスト(450時間研修)第4巻 こころとからだのしくみ 第3版』2014年1月、中央法規
  • 共著『新・介護福祉士養成講座〈5〉第3版 コミュニケーション技術』2016年2月、中央法規

論文・学会発表

  • 共著「自閉症の発話と指さし行為の出現」1987年、「発達障害研究」第8巻4号
  • 共著「こころのバリアフリーと参加」2005年、季刊「介護福祉」第60号
  • 共著「相談場面からみた自立と生活支援技術」2009年、季刊「介護福祉」第73号
  • 共著「主に相談業務からみた生活支援の特性と支援」2010年、季刊「介護福祉」第78号
  • 共著「尊厳を支えるコミュニケーションー心理学的視点からのコミュニケーション」2016年、秋季号「介護福祉」No.103

その他(活動・講演等)

  • 国立障害者リハビリテーションセンター学院義肢装具士養成課程講師「臨床心理学」
  • 国立障害者リハビリテーションセンター係長研修会講師「職場のメンタルヘルス」
  • 介護労働安定センター埼玉支部(平成25年度)介護労働講習会講師「障害者支援技術」
  • 第15回日本介護福祉学会大会実行委員長
  • 第5回日本生活支援学会大会実行委員長(2013.4)
  • 国分寺市介護認定審査委員
  • 国分寺市介護保険運営協議会委員
  • さいたま市発達障害者支援連絡協議会委員
  • 国立障害者リハビリテーションセンター自立支援局苦情解決第三者委員

資料・願書請求(無料)はこちらから