総合福祉学部・総合福祉学科

総合福祉学部について

総合福祉の理念や社会福祉の基本知識・技術から発展して、相談援助職を目指す「福祉・心理コース」、スポーツ・レクリエーションによる地域の福祉専門家を目指す「健康スポーツコース」、福祉ビジネスの専門家として福祉施設から一般企業まで幅広い活躍を目指す「ビジネスコース」の充実の3コースを設置。

すべての個性が輝く社会を求めて

学部が求める学生像

  • 福祉・介護・保育・初等教育の分野に関心を持っている人
  • 人との関係を大切にし、あいさつや感謝がきちんとできる人
  • 自ら積極的に学ぶ意欲を持っている人
  • 人々の幸せを願い、その実現に役立ちたいという意志や意欲を持っている人

総合福祉学部の目的

本学部・学科においては、人間理解に基づき、広く福祉に関する専門的な学術理論と技能を修得するとともに、現代の多様化する福祉需要に対応するため、医療・保健・福祉の包括的連携を視野に入れた実務能力の高い総合福祉を担う人材を養成することを目的とし、福祉社会の充実と発展に貢献することを使命とする。

資料・願書請求(無料)はこちらから