こども学部 所属教員

山梨 みほ(やまなし・みほ)

職位 准教授(現職着任日:2018年4月)
担当科目 保育内容総論,保育方法の研究,保育教材の演習,保育実習,幼稚園教育実習,スタディナビゲーション,フィールドワーク
最終学歴 早稲田大学大学院人間科学研究科
学位 人間科学修士
研究テーマ 子どもの健康教育,子育て支援,保育内容
所属学会 日本幼児体育学会(理事),レジャーレクリェーション学会(理事),日本保育園保健協議会,日本子ども家庭福祉学会,アジア幼児体育学会,国際幼児体育学会,保育学会,日本食育学術会議,すこやかキッズインターナショナル支援ネットワーク

在学生へのメッセージ

これまで保育所や幼稚園で、たくさんのこども達と関わってきました。さまざまな保育現場で取り組み、実践してきたことやこども達から教えられたことを基に、こどもに寄り添い、心身の成長を促すことや、保護者を支援することはどんなことなのかを学びながら、共に保育の楽しさを学んでいいきましょう。

受験生へのメッセージ

皆さんには、一人一人の個性を生かし自信を持って学生生活を送ってもらえるように、また、幼稚園教諭・保育士を目指している皆さんの夢に向かうお手伝いをいたします。一緒に学びましょう。

主な著書

『コンパス子どもの健康と安全』(執筆区分:共著)

発表媒体:建帛社

発表年月日:2018年10月)

『コンパス保育内容健康』(執筆区分:共著)

発表媒体:建帛社

発表年月日:2018年4月

担当頁数:31頁、39~40頁、97頁、101~103頁、105頁、107~108頁、125~127頁、131~132頁、163~165頁)

『幼児体育指導ガイド』(執筆区分:共著)

発表媒体:大学教育出版

発表年月日:2018年2月

担当頁数:165頁~168頁

『コンパス幼児の体育 動きを通して心を育む』(執筆区分:共著)

発表媒体:建帛社

発表年月日:2017年3月

担当頁数:44~49頁、71~72頁、76~77頁

『決定版!保育の運動あそび450―からだと心が育つ0~5歳のあそびがたっぷり―』(執筆区分:(共著)

発表媒体:新星出版社

発表年月日:2017年3月

論文・学会発表

『徒歩通園の距離が幼児の生活習慣とそのリズムに及ぼす影響』(執筆区分:共著)

発表媒体:子どもの健康福祉研究26

発表年月日:2017年3月

担当頁数:22頁~26頁

『徒歩通園が幼児の生活習慣とそのリズムに及ぼす影響』(執筆区分:共著)

発表媒体:子どもの健康福祉研究25

発表年月日:2016年9月

担当頁数:47頁~52頁

『母親の生活と子育て内容から見る保育園幼児の健康管理上の課題Ⅱ』(執筆区分:共著)

発表媒体:子どもの健康福祉研究24

発表年月日:2015年8月

担当頁数:27頁~32頁

『母親の生活と子育て内容から見る保育園幼児の健康管理上の課題Ⅰ』(執筆区分:共著)

発表媒体:子どもの健康福祉研究23

発表年月日:2015年8月

担当頁数:17頁~23頁

『東京都葛飾区に居住する幼児の生活実態とその課題―母親の生活内容および子育て内容からみる幼児の健康管理上の課題―』(執筆区分:共著)

発表媒体:子どもの健康福祉研究21

発表年月日:2015年8月

担当頁数:76頁~83頁

その他(活動・講演等)(5点以内)

  • 日本食育学術会議第13回大会シンポジウム「幼児期からの食育を考える」コーディネーター 2018年6月
  • すこやかキッズ支援全国セミナー第14回大会講師 2018年3月
  • JICA国際協力機構・国別(エジプト)・鶴見大学合同プロジェクト幼児教育研修講師 2017年12月
  • 東京都社会福祉保育セミナー・シンポジウム講師 2015年12月7日
  • 日本食育学術会議第10回大会シンポジウム「対象者別における食育のあり方」 講師2015年6月
  • 元東京都内公立保育園園長

資料・願書請求(無料)はこちらから