こども学部・こども学科

こども学科目の授業ピックアップ

こども学部の特徴的な授業を紹介しています。

こども理解と観察

赤ちゃん先生とのふれあいを通して、こどもの発達を学びます。「ぽっけ」を訪れる親子の中から「私たちのクラスの赤ちゃん」として、1年間に5回程度、授業に来ていただき、同じ赤ちゃんが1年間にどのように育っていくのか、実際にふれあって、学生はこどもたちの成長に深い感動を覚えます。

保育内容総論

人とのかかわりの中で見られるこどもの豊かな育ちについて実践的に学び、保育者としての専門性を高めます。

あそびと科学

あそびの中の科学現象を体験的に学習することで、こどもの自然な学びをサポートする保育者の視点を養います。

子育てと父親

現代の子育ての心理社会的状況について包括的に理解し、父親の子育てのあるべき姿に言及します。

こどもと音楽

こどもの音楽表現に対する理解を深め、保育現場で必要な音楽の知識と技術を基礎から学びます。

絵本学

絵本の精読や制作を通じて絵本の特性を知り、それを他者とともに楽しむ方法を発見します。

ジャパノロジー入門

長い歴史の中で培われた伝統的な日本の文化や地域に誇るべき文化遺産などをテーマにして学んでいきます。

イノセンスアート

現代芸術を通じて、多角的に考察し学ぶことで、誰にでも共通する大切で創造力豊かな感性を養います。

スタディナビゲーション

理解力・コミュニケーション能力・表現力(伝える力)を養い、大学の学びの基本的な技術を身に付け、将来の社会参加への基礎能力を養います。

カナダ文化の理解

歴史、政治、人々の暮らしなどから、子育て先進国のカナダについて深く学び、多様化する社会・文化を多角的にとらえる力を養います。

資料・願書請求(無料)はこちらから