短期大学部・介護福祉科

履修モデルと取得可能な資格

介護福祉士試験受験資格+アクティビティ関係資格

アクティビティ関係の資格は、実際の介護提供の現場において、日々の生活支援のさまざまな場面で、日常的な支援として実施する場合に活用できる資格です。介護福祉士としての学びに重ね合わせて、介護提供の現場への就職を希望する学生は、これらの資格に関連する科目を学び、資格を取得して、利用者のいきいきとした生活支援を実践する準備をしましょう。

また、音楽療法インストラクター資格の取得には、授業科目「音楽療法」とともに、資格用の講座である「音楽療法インストラクター集中養成講座」の受講が必要です。理論を学ぶだけではなく、実践する機会も設けられています。

資格名 履修科目名・受講講座名
アクティビティ・
ワーカー
人間の尊厳と自立 , 人間関係とコミュニケーション , コミュニケーション技術 , 生活支援技術I~VI , 介護過程I~V
レクリエーション・
インストラクター
スポーツ実技 , スポーツ・レクリエーション論 , レクリエーション活動援助法 , レクリエーション実技
音楽療法
インストラクター
音楽療法、音楽療法インストラクター養成集中講座
(開講時期1年後期、2月ないし3月)

介護福祉士試験受験資格+コンピュータおよび介護保険事務の資格

短期大学部では、コンピュータの授業や、介護保険事務の特別の講座も開講されています。卒業後、介護福祉士の資格を生かしつつ、福祉施設や一般企業の事務系の仕事にも仕事の内容を広げようと考えている場合、以下の授業科目を受講することにより、それぞれの授業に対応した資格試験を受験することができます。

福祉施設の事務の仕事を考えている学生には、情報系の資格に加えて、さらに「介護保険事務士」の資格取得がおすすめです。ただし「介護保険事務士」の集中講座は、短期大学部の正規科目ではないので、卒業単位には含まれません。ですが、この科目は「介護保険事務士」の受験に不可欠の講座なので、福祉施設の事務職を目指す場合は、受講することが望ましいです。

資格名 履修科目名・ 受講講座名
情報系 日商PC 検定試験(文書作成) マルチメディア論I
日商PC 検定試験(データ活用) マルチメディア論II
Web クリエイター能力認定試験 ウェブデザイン論
介護事務系 介護保険事務士 介護保険事務士養成集中講座
※有料(開講時期2年後期、2月ないし3月)

介護福祉士試験受験資格+編入学準備

浦和大学総合福祉学部および他の4年制大学への編入を希望する場合は、介護福祉士試験受験資格必修科目、教養科目と合わせ、単位互換制度に基づき開講されている浦和大学総合福祉学部の授業も積極的に受講することが望ましいです。

介護福祉士試験受験資格必修科目と合わせて、短期大学部で開講されている教養科目を履修することで、編入時に読み替えが可能となる単位を取得することができます。短期大学部には、浦和大学との間で単位互換制度があり、短期大学部の学生は、短期大学部在学中から浦和大学総合福祉学部の科目を履修することが可能である。この履修で受講した科目については、4年制大学編入時に卒業要件の単位に読み替えが可能です。

資料・願書請求(無料)はこちらから