短期大学部・介護福祉科

介護福祉科の学び

充実したプログラムで、福祉に必要な力を養成していきます。

新しい介護福祉の取り組みと最新の設備で学べる教育環境を整えています。

介護福祉に関する専門知識と技術を修得するとともに、介護を必要とする人に対する人間理解を深め、介護実践の基盤となる豊かな人間性を培います。福祉に携わる者として福祉社会を支え、福祉文化の創造に貢献できる人材を目指します。文部科学省「私立大学等教育研究活性化設備整備事業」に採択されたことを受け、続々と最新の福祉機器も導入され、学びの幅が広がります。

足こぎ三輪車椅子、座面昇降手動車椅子、起立機構付き車椅子など、こうした最新の福祉機器を授業の中でどんどん活用していきます。

必修科目は4限まで、5限以降は選択科目。学業とアルバイトを両立できる時間割が組めるように工夫されています。

早い時間に授業が終わればアルバイトがしやすい。

特別養護老人ホーム「スマイルハウス」で週に2~3日、朝6:30から授業開始までと、夕方17:00からアルバイトをしています。色々勉強になるし、利用者さんとのコミュニケーションも楽しいです。だけど、授業が午後の遅い時間まで入っている日も多いので、夕方のシフトになかなか入れませんが、早い時間に授業がまとめられればアルバイトもしやすくなるので、とても助かります。

短期大学部 介護福祉科1年
天野 怜美さん(福島県立磐城農業高等学校出身)

資料・願書請求(無料)はこちらから