短期大学部・介護福祉科

卒業後の支援

本学では、卒業後の支援にも力を注いでいます。併設する「九里総合福祉文化研究所」などの講座をとおして、キャリアアップに繋がる専門的な学習だけでなく、職場で抱える問題に対処する方法なども習得できるよう配慮しています。「介護福祉士国家試験支援室」も設置しており、介護福祉士国家試験合格に向けて、全力でバックアップします。

編入学制度
4年間で2つの国家資格を取得することが可能

介護福祉科を卒業後、本学総合福祉学部3年次へ編入することが可能です。これにより、4年間で「介護福祉士」と「社会福祉士」2つの国家資格取得を目指した学びも可能となります。また、本学総合福祉学部へ編入を希望する学生には、短期大学部在学中から総合福祉学部の単位を取得することができる自由履修科目制度や、編入時にかかる入学金が全額免除される制度など、編入をサポートする制度が用意されています。

編入で可能になるダブルライセンス取得

4年間で「介護福祉士」と「社会福祉士」2つの国家資格を目指した学びも可能にします。介護福祉科を卒業後に本学・総合福祉学部3年次へ編入する制度です。この編入制度を利用する場合、介護福祉科在学中から総合福祉学部の単位を取得することができる自由履修科目制度や、編入時にかかる入学金が全額免除される特典があり、意欲の高い学生の編入支援制度が充実しています。

個々に合った履修をサポート

入学前から「介護福祉士」「社会福祉士」2つの国家資格の取得を目指す学生も多くいます。こうした学生に、短期大学部の科目を履修しながら、無理なく総合福祉学部の科目も履修できるよう、学生が時間割を組むサポートをします。

指導担当教員 岡田圭祐

ホームカミングデー

学園祭と同日に行われるホームカミングデーには、卒業生が集まり、教員や旧友との親睦を図ります。本学では、このような「繋がり」を大切にしており、卒業生が心身ともにリフレッシュして、意欲的に生活を送れるように配慮しています。

資料・願書請求(無料)はこちらから