学生の就職を支援する組織や体制について

就職支援の活動等

就職のための資格取得や就職試験のための対策等について支援しています。具体的には就職関係の教職員が中心となって、次のような指導をしています。

就職ガイダンス

各学年において、4月・9月にはキャリア・ガイダンスを実施しています。このガイダンスでは、就職までの全体的な流れを理解するとともに、就職活動の手続きについて学びます。卒業生の就職状況や、本学で学んだ知識をもとに進路選択の準備を整えます。このほかにもガイダンスでは、以下のような指導を実施しています。 

  • 1年生・3年生の4月・9月(短大は1年生4月9月に実施)に「進路アンケート」を実施することで、(希望)進路の傾向を把握し、進路の選択にあたりスムーズな指導をしています。
  • 1年生9月ガイダンスにおいてに適性検査(NIAAP)を実施。
  • 3年生4月のガイダンスにおいて配布する『就職ガイドブック』を使用し、自己分析、職業に対する自分なりの信念、総合的な業種・企業分析などを、指導しています。
  • 「就職支援センター(学生・就職課)」の利用方法や就職情報検索システムの操作手順を説明し、就職情報の検索方法を指導しています。
  • 3年生春(短大は2年生春に実施)に「進路希望登録票」の郵送を行い、学生の進路意識の調査を行っています(この結果をもとにその後の進路指導をすすめています)。
  • 各ガイダンスにおいて、外部講師による文書作成講座、本学OB・OGの就職についての講演、地域保育協会の長による講演、リクナビ・毎ナビ利用講座などを実施、職業理解・職業選択の糧となるような講演を実施しています。
就職セミナーと対策講座

毎月第三木曜日を原則就職の日と定め、多様な就職セミナーを行っている。主なセミナーをあげると下記のとおりです。

  • 就職入門 就活って何?働くって何?仕事って何?(マナー講座も30分あり)
  • 就職入門  コミュニケーション!!!(マナー講師が実施)
  • 先輩に聞こう!就活、就職、仕事!!(本学卒業生による実体験)
  • 学内就職合同説明会(企業・施設の人事担当者と直接話せる機会)
  • エントリーシート対策講座(外部講師による講座)
  • 面接対策講座・就活常識(外部講師による講座)
  • マナー講座(第一印象を良くするために!!マナー講師実施)
  • 業界説明会(多様な業界から、各業界の現状、今後の期待について企業・施設人事担当者による説明会)

就職試験対策講座として、SPI試験対策講座、公務員試験対策講座、社会人マナー講座を実施し、各施設・団体によるミニ業界セミナー、就職課員による就職活動ポイント講座などを行っています。又、メイクアップ・ヘアスタイルを中心とした第一印象向上講座、学内実施の就職試験用写真撮影会なども実施し、学生の就職活動の支援を行っています。

個人面談

個人面談の内容としては、進路の方向性への相談が主な内容である。6月7月、11月を個人面談集中月間としているが、随時、個人面談の受付を行っている。エントリーシートの書き方、面接試験での質問に対する回答、通勤距離の近い施設先の求人など多様な相談にも応じ、学生にとって、相談しやすい場所づくりに努めています。

多様な就職ニーズへの対応及びその他の就職支援
  • 学部・学科教員との連携を密にするよう努め、学生が教員、職員のアドバイスにより進路選択に迷いなどが起きないよう、セミナーの実施等においても就職・進学委員会、学部・学科、就職支援センター(学生・就職課)との連携を大切に支援しています。
  • 全教職員に本学の求人検索システムのID・パスワードを配布し、学生・就職課にて受領している求人票を共有し、学生指導に役立てています。
  • 埼玉県産業労働部産業人材育成課実施の「若年者と経営者との交流会」の参加、産業労働部就業支援課実施の若年者就業支援対策などに参加し、埼玉県と連携を行っています。
  • ハローワーク浦和と1所1大学の協力のもと、多様な支援を行っています。ハローク浦和学卒アドバイザー、所長講話など就職セミナー、ガイダンス等において、ハローワークと連携し就職支援を実施しています。大学4年生・2年生では個人面接コーナーを用意し、学卒アドバイザーの方と学内で相談できるようにしている。
  • 求人情報をたくさん収集し学生が有利に就職活動を展開できるように、各都道府県「福祉人材センター」と協力し、情報を提供するとともに、福祉を希望する学生へは「福祉人材センターの求人登録」をするよう指導している。

資料・願書請求(無料)はこちらから