大学案内

浦和大学のポリシー

浦和大学のポリシーについて掲載しています。

建学の精神

「実学に勤め徳を養う」

浦和大学の目的

浦和大学は、教育基本法及び学校教育法の定めるところに従い、「実学に勤め徳を養う」の建学の精神に基づき、社会の要請に応えて、広くかつ深く高度な専門の学芸を教授研究するとともに、幅広い知識に基づいた実学教育により、国家社会の発展に貢献しうる有為な人材を育成することを目的とする(『学則』第1条)。

浦和大学3ポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

次の諸点を満たした学生に対し、学則に従い卒業を認め学位(学士)を授与する。

  1. 文化、社会、自然に対する幅広い知識や理解をもっていること。
  2. 汎用的技能を用いた問題解決能力を身につけていること。
  3. 実践的な学修を通し、専門的知識・技術や思考力を身につけていること。
  4. 高い倫理観をもち、組織と社会の発展に貢献できること。
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

次の方針に基づいて、教育課程を編成・実施する。

  1. 物事に対する幅広い知識や理解をもてるよう様々な教養科目を開設する。
  2. 問題解決につながる言語能力、情報処理能力、キャリア形成力などを高める科目を設ける。
  3. 専門的知識・技術を身につけられるよう、基礎から応用まで様々な専門科目を体系的に配置する。
  4. 加えて、実践的で創造的な思考力を身につけられるよう、実習形式の専門科目を数多く開設する。
  5. 知識・技術や思考力だけでなく、高い倫理観やチームワーク力などを段階的に身につけられるよう4年間ゼミ制度を設ける。
アドミッション・ポリシー(入学者の受け入れ方針)

本学の建学の精神や教育目的に理解と共感をもっている人で、次のような人を受け入れる

  1. 幅広い知識・理解や汎用的技能などを修得することに積極的な人
  2. 実践的な学修などを通して、専門的な知識・技術や創造的な思考力を身につけることに意欲的な人
  3. 基礎的な学習能力や生活態度を身につけていて、更に高めようとする人

資料・願書請求(無料)はこちらから