大学案内

総合福祉学部・総合福祉学科のポリシー

総合福祉学部・総合福祉学科のポリシーについて掲載しています。

総合福祉学部の目的

本学部・学科においては、人間理解に基づき、広く福祉に関する専門的な学術理論と技能を修得するとともに、現代の多様化する福祉需要に対応するため、医療・保健・福祉の包括的連携を視野に入れた実務能力の高い総合福祉を担う人材を養成することを目的とし、福祉社会の充実と発展に貢献することを使命とする。

総合福祉学科の3ポリシー

ディプロマ・ポリシー

次の諸点を満たした学生に対し、卒業を認め学位(社会福祉学)を授与する。

  1. 人間や社会などに対する幅広い知識や理解とともに、コミュニケーション能力や情報処理等々の汎用的能力を持ち、利用者の多様な福祉ニーズに応えられる能力を修得していること。
  2. 福祉の専門的知識及び援助技術を中心として、健康・運動分野、心理分野、経営・情報分野、にわたる幅広い知識を修得し、それらをマネジメントする能力を培い、総合的・包括的な福祉支援の実力を身につけていること。
  3. 深い人間愛と強い使命感をもって福祉施設や地域社会で活躍することを通じて、福祉社会の充実と、福祉の利用者を含めたすべての人々がその個性に基づき共に創造する福祉の実践に、持続的に寄与できること。
カリキュラム・ポリシー

次の方針に基づいて、教育課程を編成・実施する。

  1. 授業科目を「人間総合科目群」(教養科目)と「総合福祉科目群」(専門科目)に大別し、それぞれの科目群をさらに複数の分野に分け、学部の学位授与の方針と整合性・一貫性を保つよう編成する。
  2. 学位授与の方針と各コースの目的にそって、各専門科目は、それぞれの学習成果を考慮して、順次性及び体系性をもって配置する。
  3. 豊かな人間性や問題探求能力の涵養及び生涯を通じた持続的な就業力の育成については、1~4年次のゼミ教育を中心に、演習・実習等の実践的な授業科目を数多く開設する。
アドミッション・ポリシー

総合福祉は、高齢者、障がい者やその家族が直面している生活上の諸問題を的確に把握し、身体的・精神的・社会的・職業的・経済的なすべての面から包括的な援助をめざす。そのために、高等学校における基礎的・基本的な知識・技能を習得し、それぞれ教科の知識・技能を活用して、課題解決的な学修や探求活動へと発展させることができる人を受け入れる。

求める学生像
  1. 支援を必要としている人々が直面している諸問題を、深く的確に把握することに意欲的な人
  2. 身体的・精神的・社会的・職業的・経済的なすべての面から包括的な援助をする能力を実践的に身につけようとする人
  3. 高等学校における基礎的・基本的な生活習慣や学習習慣を身につけ、各教科の知識・技能を活用して、課題解決的な学習や探求活動へと発展させようとする人

資料・願書請求(無料)はこちらから