浦和大学のポリシー

浦和大学について

建学の精神

「実学に勤め徳を養う」

浦和大学の目的

浦和大学は、教育基本法及び学校教育法の定めるところに従い、「実学に勤め徳を養う」の建学の精神に基づき、社会の要請に応えて、広くかつ深く高度な専門の学芸を教授研究するとともに、幅広い知識に基づいた実学教育により、国家社会の発展に貢献しうる有為な人材を育成することを目的とする(『学則』第1条)。

浦和大学3ポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

次の諸点を満たした学生に対し、学則に従い卒業を認め学位(学士)を授与する。

  1. 文化、社会、自然に対する幅広い知識や理解をもっていること。
  2. 汎用的技能を用いた問題解決能力を身につけていること。
  3. 実践的な学修を通し、専門的知識・技術や思考力を身につけていること。
  4. 高い倫理観をもち、組織と社会の発展に貢献できること。
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

次の方針に基づいて、教育課程を編成・実施する。

  1. 物事に対する幅広い知識や理解をもてるよう様々な教養科目を開設する。
  2. 問題解決につながる言語能力、情報処理能力、キャリア形成力などを高める科目を設ける。
  3. 専門的知識・技術を身につけられるよう、基礎から応用まで様々な専門科目を体系的に配置する。
  4. 加えて、実践的で創造的な思考力を身につけられるよう、実習形式の専門科目を数多く開設する。
  5. 知識・技術や思考力だけでなく、高い倫理観やチームワーク力などを段階的に身につけられるよう4年間ゼミ制度を設ける。
アドミッション・ポリシー(入学者の受け入れ方針)

本学の建学の精神や教育目的に理解と共感をもっている人で、次のような人を受け入れる

  1. 幅広い知識・理解や汎用的技能などを修得することに積極的な人
  2. 実践的な学修などを通して、専門的な知識・技術や創造的な思考力を身につけることに意欲的な人
  3. 基礎的な学習能力や生活態度を身につけていて、更に高めようとする人

こども学部・こども学科のポリシー

こども学部・こども学科のポリシーについて掲載しています。

こども学部の目的

本学部においては、「こども」すなわち乳幼児から学齢児童に対応する保育・教育・福祉に関する総合的かつ専門的な学術理論と技能・技術、並びに、こどもに関わる文化・環境・自然・歴史にわたる幅広い知識、及び市民として必要な教養的知識の修得を通じ、こどもの総合的理解、人間理解を身につけ、こどもに関わる幅広い社会的要請に応えることのできる人材を養成することを目的とし、こどものより良き生活環境の基盤構築を使命とする。

こども学科の目的

上記の目的・使命を達成するため、保育・幼児教育・福祉に関わる専門的知識及び技能・技術を基盤とする実践力を身につけ、資格・免許の取得を通じて、複雑化する現代のこどもをめぐる諸課題に対応できる人材の養成を目的とする。

こども学科の3ポリシー
ディプロマポリシー

次の諸点を満たした学生に対し、卒業を認め学位(こども学)を授与する。

  1. 人間、社会、自然の各分野に関する基礎的な知識と現代社会に対応した情報リテラシーを身につけるとともに、こどもに関する専門的知識を習得し、専門分野を生かした将来の職業生活に対して明確な目的意識を持って努力し、協調性ある社会人となる自覚を形成していること。
  2. こどもの最善の利益を尊重する視点に立ち、こどもの心身や言動から発せられる表現を、先入観にとらわれることなく感受できる自由な心を有し、個々のこどもたちに信頼を育むよう態度を形成していること。
  3. こどもの文化に関する基礎的な知識を習得し、保育、福祉、幼児教育の実践において役立つ多様な技能・技術を身につけ、それをこどもたちへの関わりに活かせるよう実践的学習を積んでいること。
  4. 家族、地域社会、そして現代社会との関係で、こどもを理解する視点を養い、幅広い人々の参加を促しながら地域社会の創造を促す重要性と、そのための実践のあり方について考え、判断し、基礎的なことがらを理解しようとしていること。
カリキュラムポリシー

次の方針に基づいて、教育課程を編成・実施する。

  1. 基礎的教養を学ぶための「人間総合科目」、こども理解を包括的に学ぶ「こども総合科目」、専門分野について総合的に理解するための「こども専門科目」に大別し、学位授与の方針と整合性を保つよう編成する。
  2. 将来を意識したキャリア教育の授業科目を2年次から体系的に配置し、実習教育やインターンシップと関連づけながら社会人としての基礎的能力を高める。
  3. こどもについての総合的な理解を促す「こども総合」の科目群を設け、その学修を通じて、こどもの権利、こども理解、こどもの表現と文化、家族、現代社会、学校教育などの現状と課題を幅広く学ぶ授業科目を配置する。
  4. 学内の親子のひろば「ぽっけ」を活用した学習を、授業科目に最大限に取り入れ、1年次から4年次まで常に地域社会と連携して実践的に学べるよう編成する。
  5. こどもの成長発達にふさわしい知識をより実際的に身につけるよう、学内の自然環境を十分に活用した授業内容を含む授業科目を配置する。
  6. 保育士・幼稚園教諭に必要とされる多様な技能、技術を身につけ、実践できるよう幅広い演習科目を配置し、現場実習でその学習成果を総合的に活用する。
  7. 社会人として通用する情報機器の操作技能を身につけ、必要な情報収集・選択と活用を通じて自らの疑問や課題を探求し、卒業研究に論文等をまとめて成果を発表する。
アドミッションポリシー

こども学科では、こどもの成長を感受できる心を持ち、家族や地域社会とのつながりの中でこどもたちが健やかに成長できるよう専門的知識と技能を身につけて支援していくことをめざしている。自分の内なるこどもに向き合い、知的好奇心を持ってこどもと家族に積極的に関わりながら学ぼうとする意欲のある人を受け入れる。

求める学生像
  1. こどもの成長を感受できる心を持ち、家族や地域社会とのつながりの中でこどもたちが健やかに成長できるよう専門的知識と技能を身につけて支援していくことをめざしている人
  2. 自分の内なるこどもに向き合い、知的好奇心を持ってこどもと家族に積極的に関わりながら学ぼうとする意欲のある人
  3. 高校生としての基礎的な学力及び生活習慣を身につけ、様々な能力を身に付けることに意欲をもつ人

こども学部・学校教育学科のポリシー

こども学部・学校教育学科のポリシーについて掲載しています。

こども学部の目的

本学部においては、「こども」すなわち乳幼児から学齢児童に対応する保育・教育・福祉に関する総合的かつ専門的な学術理論と技能・技術、並びに、こどもに関わる文化・環境・自然・歴史にわたる幅広い知識、及び市民として必要な教養的知識の修得を通じ、こどもの総合的理解、人間理解を身につけ、こどもに関わる幅広い社会的要請に応えることのできる人材を養成することを目的とし、こどものより良き生活環境の基盤構築を使命とする。

学校教育学科の目的

上記の目的・使命を達成するため、小学校教諭免許状の取得を軸として、学齢児童の教育に従事するための高度な専門性と実践的指導力を身につけ、複雑化する現代のこどもと学校教育をめぐる諸課題に対応できる人材の養成を目的とする。

学校教育学科の3ポリシー
ディプロマ・ポリシー

次の諸点を満たした学生に対し、卒業を認め学位(教育学)を授与する。

  1. 人間・社会・自然の各分野に関する基礎的な知識と現代社会に対応した情報リテラシを身につけるとともに、こどもに関する専門的知識を習得し、専門分野を生かした将来の職業生活に対して明確な目的意識を持って努力し、協調性ある社会人となる自覚を形成していること。
  2. こどもの最善の利益を尊重する視点に立ち、こどもの心身や言動から発せられる表現・問いを先入観にとらわれることなく感受できる自由な心を有し、個々のこどもたちに信頼を育むよう態度を形成していること。
  3. こどもの文化に関する基礎的な知識を習得し、小学校教育の実践において役立つ多様な技能・技術を身につけ、それをこどもたちへの関わりに活かせるよう実践的学習を積んでいること。
  4. 学校、家族、地域社会、そして現代社会との関係で、こどもを理解する視点を養い、幅広い人々の参加を促しながら地域社会の創造を促す重要性と、そのための実践のあり方について考え、判断し、基礎的なことがらを理解しようとしていること。
カリキュラム・ポリシー

次の方針に基づき、教育課程を編成・実施する。

  1. 基礎的教養を学ぶための「人間総合科目」、こども理解を包括的に学ぶ「こども総合科目」、専門分野について総合的に理解するための「教育専門科目」に大別し、学位授与の方針と整合性を保つよう編成する。
  2. 初年次教育を1、2年次にわたって展開し、大学生としての学びの技術、学修の姿勢と意欲を形成する。
  3. 将来を意識したキャリア教育の授業科目を2年次から体系的に配置し、教育実習やインターンシップなどと関連付けながら社会人としての基礎的な能力と実践力を高める。
  4. こどもについての総合的な理解を促す「こども総合科目」の学修を通じて、こどもの権利、こども理解、こどもの表現と文化、家族・現代社会、学校教育などの現状と課題を幅広く学ぶ授業科目を配置する。
  5. 様々な形態の現場実習を伴う授業科目の履修を通して、1年次から4年次まで常に地域社会と連携して実践的な学びができるよう編成する。
  6. こどもの成長・発達にふさわしい知識をより実際的に身につけるよう、学内外の自然環境やキャンパスの施設を十分に活用した授業内容を含む授業科目を配置する。
  7. 小学校教師として必要とされる専門的知識、多様な技能・技術を身につけ、実践できるよう幅広い専門科目を配置し、現場実習でその学修成果を総合的に活用する。
  8. 小学校教師として通用する情報機器の操作技能を身につけ、必要な情報収集・選択と活用を通じて自らの疑問や課題を探求し、卒業研究に結実する成果につなげられるようにする。
アドミッション・ポリシー

学校教育学科では、初等教育に携わる教員として、こどもの成長と発達、表現と創造性についての総合的な理解に基づいた、今日的かつ地域的な学校教育の課題に適切に対応できる実践的指導力の獲得をめざしている。この目的を達成するため、高等学校において修得した知識や技能を基に、主体性を持って大学での学修を継続できる人を受け入れる。

求める学生像
  1. 高等学校で履修した主要教科・科目について、標準的な基礎学力を修得している人
  2. 初等教育の実践者になろうとする強い意志を持ち、主体的に学ぶことのできる人
  3. 人に対する関心と思いやりを持ち、謙虚さと協調性をもった自己表現のできる人
  4. 音楽、美術、身体表現、スポーツなど各自が得意とする分野の諸能力を生かし、学内・外において積極的に活動できる人

総合福祉学部・総合福祉学科のポリシー

総合福祉学部・総合福祉学科のポリシーについて掲載しています。

総合福祉学部の目的

本学部・学科においては、人間理解に基づき、広く福祉に関する専門的な学術理論と技能を修得するとともに、現代の多様化する福祉需要に対応するため、医療・保健・福祉の包括的連携を視野に入れた実務能力の高い総合福祉を担う人材を養成することを目的とし、福祉社会の充実と発展に貢献することを使命とする。

総合福祉学科の3ポリシー
ディプロマ・ポリシー

次の諸点を満たした学生に対し、卒業を認め学位(社会福祉学)を授与する。

  1. 人間や社会などに対する幅広い知識や理解とともに、コミュニケーション能力や情報処理等々の汎用的能力を持ち、利用者の多様な福祉ニーズに応えられる能力を修得していること。
  2. 福祉の専門的知識及び援助技術を中心として、健康・運動分野、心理分野、経営・情報分野、にわたる幅広い知識を修得し、それらをマネジメントする能力を培い、総合的・包括的な福祉支援の実力を身につけていること。
  3. 深い人間愛と強い使命感をもって福祉施設や地域社会で活躍することを通じて、福祉社会の充実と、福祉の利用者を含めたすべての人々がその個性に基づき共に創造する福祉の実践に、持続的に寄与できること。
カリキュラム・ポリシー

次の方針に基づいて、教育課程を編成・実施する。

  1. 授業科目を「人間総合科目群」(教養科目)と「総合福祉科目群」(専門科目)に大別し、それぞれの科目群をさらに複数の分野に分け、学部の学位授与の方針と整合性・一貫性を保つよう編成する。
  2. 学位授与の方針と各コースの目的にそって、各専門科目は、それぞれの学習成果を考慮して、順次性及び体系性をもって配置する。
  3. 豊かな人間性や問題探求能力の涵養及び生涯を通じた持続的な就業力の育成については、1~4年次のゼミ教育を中心に、演習・実習等の実践的な授業科目を数多く開設する。
アドミッション・ポリシー

総合福祉は、高齢者、障がい者やその家族が直面している生活上の諸問題を的確に把握し、身体的・精神的・社会的・職業的・経済的なすべての面から包括的な援助をめざす。そのために、高等学校における基礎的・基本的な知識・技能を習得し、それぞれ教科の知識・技能を活用して、課題解決的な学修や探求活動へと発展させることができる人を受け入れる。

求める学生像
  1. 支援を必要としている人々が直面している諸問題を、深く的確に把握することに意欲的な人
  2. 身体的・精神的・社会的・職業的・経済的なすべての面から包括的な援助をする能力を実践的に身につけようとする人
  3. 高等学校における基礎的・基本的な生活習慣や学習習慣を身につけ、各教科の知識・技能を活用して、課題解決的な学習や探求活動へと発展させようとする人

短期大学部・介護福祉科のポリシー

短期大学部介護福祉科のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーについて掲載しています。

浦和大学・浦和大学短期大学部は、「実学に勤め徳を養う」の建学の精神と教育理念とに基づき、以下の教育方針を明示します。各学部・学科の指針を(1)ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)(2)カリキュラム・ポリシー(教育課程編成の方針)(3)アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)の3点に要約して示すものです。

介護福祉科3つののポリシー
ディプロマ・ポリシー
  1. あらゆる介護場面に共通する基礎的な介護の知識・技術を、根拠に基づいて理解し、習得しており、介護に関する社会保障の制度、施策についての基本的に理解している。
  2. 円滑なコミュニケーションの取り方の基本を身につけており、的確な記録・記述の方法を身につけている。
  3. 他者に共感でき、相手の立場に立って考えられる姿勢を身につけている。常に自分の考えを対象化し検証する姿勢と、他者と社会から学び続ける姿勢を身につけている。さらに、人権擁護の視点、職業倫理を身につけている。
  4. 生活に支援を必要とする人の状態を丁寧に観察し、必要な知識がどのようなものであるかを判断することができる。支援に必要な情報を収集し、被支援者本位で判断し、自立支援に資するサービスを総合的、計画的に提供する職業使命を自覚し、その能力向上の必要性を理解している。
カリキュラム・ポリシー
  1. 一般教養科目、自由履修科目、介護福祉科目の3つの分野に大別し、学位授与の方針と整合性を保つよう編成する。
  2. 介護福祉科目は、「人間と社会」、「介護」、「こころとからだのしくみ」の3つの領域に分かれ、「介護」および「こころとからだのしくみ」については必修科目を配置し編成する。
  3. 各分野においては、「知識・理解」、「技能・表現」、「関心・意欲・態度」、「思考・判断」が習得できるよう均衡の取れた授業科目を配置する。
  4. 「知識・理解」を主たる目的とする科目については、既に修得している知識を確認した上で、さらに知識・理解が進むよう編成する。
  5. 「技能・表現」を主たる目的とする科目については、幅広い演習・実習科目を配置し、目標とする技能が修得できるよう編成する。
  6. 「意欲・関心・態度」を主たる目的とする科目については、キャリア教育の科目および介護実習等の科目を配置し、最も重要視して編成する。
  7. 「思考・判断」を主たる目的とする科目については、実習における振り返りや、ロールプレイ等の教育活動の展開の工夫を行う。
アドミッション・ポリシー

専門職としての知的探究心に富み、基礎学力と専門分野への知的関心があること。これまでの生活の中から、友人関係、家族関係、広く社会において、人との関わりを通し、コミュニケーション能力が蓄積されていることが必要である。また、ボランティア活動等を通して、人と関わる仕事の特徴を理解できていることが望ましい。

アドミッション・ポリシー(入学者の受け入れ方針)

本学の建学の精神や教育目的に理解と共感をもっている人で、次のような人を受け入れる

  1. 幅広い知識・理解や汎用的技能などを修得することに積極的な人
  2. 実践的な学修などを通して、専門的な知識・技術や創造的な思考力を身につけることに意欲的な人
  3. 基礎的な学習能力や生活態度を身につけていて、更に高めようとする人