大学案内

短期大学部・介護福祉科のポリシー

短期大学部介護福祉科のディプロマ・ポリシー、カリキュラム・ポリシー、アドミッション・ポリシーについて掲載しています。

浦和大学・浦和大学短期大学部は、「実学に勤め徳を養う」の建学の精神と教育理念とに基づき、以下の教育方針を明示します。各学部・学科の指針を(1)ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)(2)カリキュラム・ポリシー(教育課程編成の方針)(3)アドミッション・ポリシー(入学者受入の方針)の3点に要約して示すものです。

介護福祉科3つののポリシー

ディプロマ・ポリシー
  1. あらゆる介護場面に共通する基礎的な介護の知識・技術を、根拠に基づいて理解し、習得しており、介護に関する社会保障の制度、施策についての基本的に理解している。
  2. 円滑なコミュニケーションの取り方の基本を身につけており、的確な記録・記述の方法を身につけている。
  3. 他者に共感でき、相手の立場に立って考えられる姿勢を身につけている。常に自分の考えを対象化し検証する姿勢と、他者と社会から学び続ける姿勢を身につけている。さらに、人権擁護の視点、職業倫理を身につけている。
  4. 生活に支援を必要とする人の状態を丁寧に観察し、必要な知識がどのようなものであるかを判断することができる。支援に必要な情報を収集し、被支援者本位で判断し、自立支援に資するサービスを総合的、計画的に提供する職業使命を自覚し、その能力向上の必要性を理解している。
カリキュラム・ポリシー
  1. 一般教養科目、自由履修科目、介護福祉科目の3つの分野に大別し、学位授与の方針と整合性を保つよう編成する。
  2. 介護福祉科目は、「人間と社会」、「介護」、「こころとからだのしくみ」の3つの領域に分かれ、「介護」および「こころとからだのしくみ」については必修科目を配置し編成する。
  3. 各分野においては、「知識・理解」、「技能・表現」、「関心・意欲・態度」、「思考・判断」が習得できるよう均衡の取れた授業科目を配置する。
  4. 「知識・理解」を主たる目的とする科目については、既に修得している知識を確認した上で、さらに知識・理解が進むよう編成する。
  5. 「技能・表現」を主たる目的とする科目については、幅広い演習・実習科目を配置し、目標とする技能が修得できるよう編成する。
  6. 「意欲・関心・態度」を主たる目的とする科目については、キャリア教育の科目および介護実習等の科目を配置し、最も重要視して編成する。
  7. 「思考・判断」を主たる目的とする科目については、実習における振り返りや、ロールプレイ等の教育活動の展開の工夫を行う。
アドミッション・ポリシー

専門職としての知的探究心に富み、基礎学力と専門分野への知的関心があること。これまでの生活の中から、友人関係、家族関係、広く社会において、人との関わりを通し、コミュニケーション能力が蓄積されていることが必要である。また、ボランティア活動等を通して、人と関わる仕事の特徴を理解できていることが望ましい。

資料・願書請求(無料)はこちらから